« 2017年3月 | トップページ

2017年5月

2017年5月23日 (火)

2017年5月22日「自転車でライン川下り」第6日目 コンスタンツ→シャフハウゼン

0820 アクアホテル&ホステル出発。出発して間もなくスーパーで買い物。お金を払う時、部屋のキーカード返し忘れたのに気付く。

急いでバック。幸い遠くまで行ってなかったので、大したロスにならなかったのは、不幸中の幸い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

2017年5月21日「自転車でライン川下り」第5日目 コンスタンツ

だいぶジェットラグが解消してきたようですが、疲れぎみなのと、ライン川一番札所ともいえるコンスタンツの街を観光するために、休養日としました。
この街は小さいですが、とってもチャーミングです。

空気が乾燥しているのと標高が高いので、朝晩は寒いくらいです。

そんな中、散策に出かけました。

ライン川の始点から見た街並みで、左の塔はラインの塔と言うようです。

170521

港の広場は賑わっています。屋外レストランでは、老人(失礼!)バンドがロックを演奏するのにあわせ、ご老人のお客さんたちが踊ります。

170521_4

大聖堂

170521_5

シュネッツ塔

170521_6

手前シュテファン教会、奥が大聖堂の鐘楼

170521_8

ちょうど子供たちの自転車競争が行われていました。

170521_11

実走行距離 20.0Km   実走行時間 1時間36分  ODD 95.1Km

明日はシャフハウゼンの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

2017年5月20日「自転車でライン川下り」第4日目 コンスタンツ

0855 リンダウを出発する時、宿の主人に、コンスタンツへの道を聞いたら、「この道を下って湖に出たら、右へ曲がれ。後は湖に沿って真っすぐだ。」と言うので、こりゃ分かりやすくて45Kmの距離、楽勝だな!と安易に思って出発。

宿「ダス・ミートウェルク」の朝食ブッフェ。9.4Eと高い。BIOマークはあったが、さほどのものではなかった。

170520

ところが、ところが・・・そうはいかない。直ぐに道が分からなくなる。日本でもそうだが、田舎の道はみな地形に沿って曲がっている。支線もあれば、枝道もあり、別れたり、合流したり、地図に無い道が多い。おまけに標識は少ない。初めての者には分かるはずがない。

が、天気が良く、カラッと気持ち良いツーリング日和、のんびり行くことに。

ちらっとボーデン湖を見ながら。

170520_2

牛はのんきでいいなあ!と考えながら。

170520_3

ヨーロッパ全般にそうですが、自転車道は大変整備されていて、割と走りやすいです。

170520_4

今日も行程の半分くらいがこんな道でした。今日つくづく感じたのは、ドイツ人の旅好き。それも自転車旅。イタリア人とドイツ人には、ツーリングに対する明らかな取組の違いがあります。イタリア人のツーリングは、ほとんどがロードバイクで、スピード第一。日本もこれに近いと思います。

一方ドイツ人(オーストリアも同じ)は私と同じで、荷物を積んでの長旅を好むようです。ツーリング車の8割方が、パニアバックやフロントバックを着けているし、電動式の自転車も結構走っています。

アルプスの南と北ではお国柄がだいぶ違うようです。

そして、このあたりはほとんどの人が英語を解するようです。道を聞く時、ほとんどの人が英語で通じました。(イタリアの田舎とは違うし、以前オーストリアからミュンヘンへ走った時、ドイツの田舎では全く英語NGで困った・・・?)

今日の目的地コンスタンツはボーデン湖の西の端にあって、ミールスブルグから連絡船に乗ります。(他の町から高速船がでているが、高い) ミールスブルグ到着は1400。

170520_5

1425 ミールスブルグを出港しました。

170520_2_2

出港間際にシャッター押してもらいました。

170520_6

土曜日だからでしょう、湖にはたくさんのヨットが出ていて、昨日とは違う穏やかな水上を漂っていました。さすがに大型艇は見当たらず、30フィート程度のヨットが多いです。モーターボートが疾走する、という光景もありません。

170520_7

風がひんやり冷たく、船上でも日陰にいると寒いくらいです。

多分観光用でしょう、気球がほんわりと・・・。バブル期の東京でもよく飛んでいましたが。

170520_9

30分ほどでコンスタンツに到着。旅行者らしき人たちで大にぎわい。町の南側は、スイスになります。

先ずは観光案内所に行って、今日の宿「Aqua Hotel&Hostel」の場所を確認。市街地地図で大変分かりやすく教えてくれました。

ここがライン川の始まりです。元は、厳密に言えばスイスアルプスの山奥かもしれませんが、いったんこのボーデン湖で水がかき混ぜられ再び流れるので、まあコンスタンツのこの場所がラインの源と言って差し支えないと思います。

170520_11

170520_12

1555 「Aqua Hotel&Hostel」に到着。この宿はホステルにしては高い。8人部屋のドミトリーで38.5ユーロ/泊、さらに市税が2ユーロ。

明日もここに滞在することにして、あと一泊追加したのですが、こちらは34ユーロ/泊で市税無し。土曜泊と日曜泊の違いか?

170520_10

今日の実走行距離 53.0Km      実走行時間 3時間57分  ODO 75.1Km

迷って迷って、10Kmほど余分に走ってました。久しぶりに重い荷物と長距離走行で疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

2017年5月19日「自転車でライン川下り」第3日目 リンダウ

1119 ミュンヘン中央駅発の急行列車に乗って、1400 ちょうどにリンダウ駅に着きました。リンダウは、ボーデン湖の東の端に浮かぶ、江ノ島より一回りほど大きな島に中心部があります。去年チューリッヒからミュンヘンへ行く列車で通過しましたが、訪問するのは初めて。

自転車で1周回っても、15分もかからないほどの小さな島がリンダウです。長い歴史を持つ魅力的な町です。

ミュンヘン中央駅のプラットホームには、自転車と一緒に列車を待つ人々がいます。

リンダウまでの切符は20ユーロ、そして自転車が5ユーロでした。

170519_1

リンダウ行きの2等車はコンパートメント形式で6人掛けれます。空いていたので、パチリ!

170519

風強く白波の立つ、ボーデン湖。

170519_2

リンダウ駅

170519_3

自転車で一周します。

リンダウ港名物、防波堤に立つライオン像と灯台です。

170519_4

ランドマーク

170519_6

リンダウヨットクラブ

170519_7

観光スポットの建物、きれいな壁絵です。

170519_8

今日の宿「ダス・ミートウェルク」、1泊28ユーロです。

170519_9

きれいなホステルで、4ベッドルームでした。

実走行距離   6.4Km    実走行時間  57分    でした。

明日はライン川下りの出発点、コンスタンツに行きます。






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

2017年5月18日「自転車でライン川下り」第2日目 ミュンヘン 

「ウォンバットシティホステル」の朝食は、この辺のホステルみなそうであるが、4.5ユーロでチケットを購入し、中にあるレストランで食べる。もちろん、ブッフェ方式であるが、すぐ近くの「ユーロユースホテル」より品数、種類とも多い。

170518

同室の人たちがあらかた出かけて行った後で、自転車の組立始める。

170518_2

荷台の取り付けに思いのほか苦労し、2時間もかかってしまった。

1140 試走に出かける。

170518_3

170518_4

170518_5

行き先は、ミュンヘンで最も好きな場所イングリッシュガーデンだ。ホステルでもらった地図が見難くて、少し手間がかかったが、それでも30分ほどで到着。

イングリッシュガーデンはミュンヘン中心部近くにある広大な公園だ。平日にもかかわらず好天で暖かいためか、たくさんの人が来ている。

170518_6

チャイニーズシアター

170518_7

ここの野外レストランで昼食。

170518143e

昼食のあとは、園内をあてもなくサイクリング。

170518_8

ミュンヘンの主だった観光を終え、少し時間があるならこの公園はお勧めです。

1510 いったんホステルに帰り、小休憩のあと明日のリンダウ行き切符を買いに、中央駅へ行く。今度は歩き。

駅の時刻表で確認した 0919 発の急行を指定したら、NGと言う。理由ははっきりしないが、多分自転車を載せる車両が原因でしょう、よくありますよ、とのこと。仕方ないから、次の 1119 に乗ることにしました。(これに似たことはヨーロッパではよくあること、急行列車などに乗るには前日までに切符を購入することをお勧めします)

後は、お馴染みの観光スポットを散策。

カールスプラッツの噴水。

170518_9

相変わらず人気の新市庁舎

170518_11

実走行距離 15.8Km  実走行時間 1時間31分

明日はリンダウ、ライン川下りが始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

2017年5月17日「自転車でライン川下り」第1日目 藤沢→ミュンヘン 

0830 きっちりにタクシーが来た。普段家から藤沢駅までは歩いて行くのだが、なにぶん156Kgほどある輪行袋と10Kg以上ある段ボール箱、さらにリュックを背負って行くのは、老人には過酷な仕業。

7、8分で藤沢駅南口の羽田空港行きバス停に到着。

バスは時刻表通り0900きっちりに小田急百貨店前を出発。大船駅で乗客を乗せて、1040 に国際線ターミナル到着。

オンラインチェックインをしてあったが、手荷物預けに少し手間かかる。なにしろ輪行袋が大きく重い。自転車は別の場所でチェックし、下まで運んでもらう。

NH217便の出発までたっぷり時間がある。

170517_nh217

こちらも時刻表通りの出発、機内は満席状態でさほど快適とも言えないが、予定の5分前にミュンヘン空港着陸なので、まあまあでした。

空港では荷物が早く出てきて、ほっと安心。

170517

ミュンヘン中央駅行きのリムジンバスです。片道11ユーロ、以前は10.5ユーロだった気がしますが・・・。ミュンヘンの中心地まで32、3Kmあります。

高速道路はスイスイでしたが、中心部に近づくにつれ、通勤ラッシュでしょうか、どこも渋滞です。確かカイザー門だと思います。ここを抜けると市街地区です。

170517_2

毎回のことですが、ミュンヘン中央駅前で荷物の写真を撮ります。規制が厳しいのでしょう、駅の周りをうろついていた怪しげな人々や泥酔者は、去年に比べてもグッと減ってます。

170517_3

ここから宿まで、中央駅を横切って荷物を運ぶのが一苦労!

今回は、「ウォンバットシティホステル」に2泊します。いつもはこの2軒ほど先の「ユーロユースホテル」ですが、4月初めには既にドミトリーが満室でした。(あくまでbooking.comのサイト)  

170517_4

ウォンバットシティホステルは28ユーロ/泊で、ユーロユースホテルより5ユーロ/泊ほど高いですが、部屋の中はあまり変わりません。ロビーなどの共有スペースはこちらの方が良いかなと思いますが。

170517_2146

飛行機の中でほとんど眠れなかったですが、ハイテンションになっているせいか、元気です。

明日もう一泊しますが、自転車組立、試走、列車の切符購入など忙しくなりそうです。

実走行時間 0    実走行距離 0






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日(水) 「自転車でライン川下り」第1日 藤沢→ミュンヘン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

2017年5月16日(火) 「自転車でライン川下り」第0日

明日1230 羽田発のANA便でミュンヘンへ出発します。

ミュンヘン便に空席が非常に少なくて(昨日は2席)、空席待ちチケットで行く自分としては、乗れないのではないかと心配していましたが、今日オンラインチェックインをしたところ、ボーディングパスを入手できました。何とか乗れるでしょう。

170516

ミュンヘンで予約した「ウォンバットシティホステル」は、2泊で56ユーロですが、キャンセル不可なのです。すでにクレジットカードから料金を引き落とされていて、・・・56ユーロ無駄にしないで済みそうです。

ミュンヘンで自転車組立、試走、列車のチケット購入などをして、ボーデン湖の東端リンダウという町に行き、スイス、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギーとライン川のほとりを走ります。

Dscn3676

多分、基本的には下り道と思うので、これまで2回の「自転車でイタリア」旅に比べると体力的には楽でしょう。

まだ完全には準備できていませんが、何とかします。

本ブログも日々更新する予定ですが、たまにWi-Fiが入ってない宿もあるので、その節はご容赦を・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

2017年5月15日(月) 「自転車でライン川下り」準備中

昨年からのウォーク&ランに続き、3月23日から自転車でのトレーニングをやってきて、5月11日に一段落。

Dscn3653

Dscn3651

今年の旅「自転車でライン川下り」の出発を17日に控え、荷物、自転車のパッキングをしました。

荷物一式

170515_7

衣類一式

170515_3

そして、自転車を分解、輪行袋にパッキングした。

170515_4

170515_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ