« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年3月

2017年3月13日 (月)

2017年3月10日(水) NZ5日目 帰国

あっという間に帰国の途に・・・

Dscn3593_2

同行した2名はあと2日ほど居るということなので、1人での帰国です。

1030オークランド空港を飛び立ち、1730に関空到着。時差が4時間あるので約11時間かかったということになります。

今回は、フィティアンガでヨット生活中のY田くんに世話になり、クルージング、レンタカーでのドライブ、お勧めレストランなどなど、素晴らしい経験をさせてもらいました。感謝、感謝でいっぱいです。

彼は、4月になったら、愛艇「GALANT」で南太平洋をクルージングに出るとのこと。どれくらいの日時がかかるか分かりませんが、ご安航と楽しい経験を積み、良き人生を生み出すことを祈ります。60台はまだまだチャレンジの歳、タヒチかフィジーで会いたいですね!

我が家に着いたのは、2320でした。明日は、早速セイラビリティ江ノ島レベルアップ講習です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月9日(水) NZ4日目オークランド

通行止めでオークランドへ戻れないのでは?、と心配しましたが、モーテルの管理人に聞くと、何とか行けるでしょうとのことなので、0830モーテルを出発。

オークランドに近づくにつれ、晴れ間が見えてくる。これは国道1号線。もちろん制限速度100Km/時。

Dscn3561

ヴァイアダクトハーバー。この橋の奥にヨットがたくさん(それも100ft.越すメガヨット多数)係留されていて、外に出る時にこの橋が開きます。

Dscn3566_2

Dscn3567

これアメリカズカップ艇です。確かスキッパーはクリス・ディクソンで、デニス・コナー率いるアメリカ艇のカタマランに敗れました。この回を境にアメリカズカップがカタマランばかりになり、私には全くつまらなくなりました。

Dscn3570

この辺りメガヨットがゴロゴロ泊まってます。

Dscn3573

このヨットはスパーマン&ステファンズ(S&S)デザインの名艇で、シドニー・ホバートレース始め、数々の栄光を受け、ずいぶん舵誌にも取上げられました。

Dscn3583_2

オークランド最大のヨットハーバー 「ウエストヘブンヨットハーバー」です。ハーバーの人に聞いたところ、1500艇ほど係留されているようです。オークランドには、この他5ヶ所のヨットハーバーがあるらしく、いづれも500艇規模とのこと。

Dscn3586

その後オークランドを一望できる休火山「マウントイーデン」に上り、雄大な景色を堪能、下ってNZ最大の繁華街クイーンストリートをブラつきました。写真手前の穴ぼこは噴火口。

Dscn3588

今日の宿「パパクラモーターロッジ」に戻り、明日の帰国にそなえました。

Dscn3592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月8日(水) NZ3日目フィティアンガ

昨夜来の強風・大雨はますます強くなり、TVでも道路が冠水し不通になっている、と報じています。

NZの常で、川や入り江にたくさんのヨットやボートが係留されているので、流されないのかなあ?と人ごとながら心配になります。フィティアンガ・マリーナの横を流れ、マーキュリーベイにそそぐ川も写真のとおり満水です。

Dscn3551

いくら好きだとと言っても、とてもセーリングに、という訳にはいきません。そこで、先ずは近くの「マーキュリーベイ博物館へいくことに・・・。ここは、キャプテン・クックが上陸した地でもあり、乱暴暴虐もあったでしょうが、新たな文明を導入したことが分かりました。

Dscn3550

Dscn3553

そして、コロマンデル半島を回ることに。途中でカモメくんにご対面。

Dscn3555

コロマンデル半島で最も大きな町、テームズ。人口は7000とのこと。

Dscn3557

そしてフィティアンガに戻ろうとしたのですが、途中で通行止めの掲示板を発見。

Dscn3559

元来た道を戻ることに・・・。

雨風は一向におさまりません。が、何とか19時過ぎペニンシュラ・モーテル帰着。フィテアンガ最後の夜を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

2017年3月7日(火) NZ2日目 フィティアンガにて

午前中は曇っていましたが、風が無いので、「GALANT」にてたい釣りに出かけよう、ということになり、マリーナに向かいました。モーテルから約5分でフィティアンガ・マリーナ、これが事務所です。ショップで記念のみやげを買いたかったのですが、ショップは無いとのことであきらめました。

170307

曇り空のなか、マーキュリーベイに向け今日も出港。

170307_2

たい釣りに挑戦するも全くあたり無し。

170307_3

代わりにイルカくんの群れが歓迎の出迎えに来てくれました。こんな感じで、小1時間まとわりついて、遊んでいきました。

170307_4

こんなメンバーです。右がY田くん。南太平洋クルージングの準備中です。

170307_5

「GALANT」のポンツーンでポーズ!

170307_galant

午後には雨が降り始め気温も下がってきたので、ヨットを下りて、隣町ハーヘイのビーチへ。若くもないカップルが寒いなか、泳いでいました。あの人たちは、きっと体温が高いのでしょう。上がってきても平気そうでした。

170307_6

夜は、Y田くんお勧めのシーフードレストラン「SQUIDS」にて夕食。ムール貝を蒸したのをたっぷり食べました。

170307_squids

雨風強くなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日(日) ニュージーランド紀行

少々間が空きましたが、3月5日から10日まで、ヨット部の後輩Y田くんを訪ね、3名でニュージーランドツアーを楽しんで来ましたので、そのご報告。

3月5日(日) 

羽田空港を出て関西国際空港へ。関空発のNZ行は成田発に比べ便数は少ないですが、同行の2人が関西在住なのと、チケットが安いこともあって、関空→オークランドとしました。

3月6日(月) NZ1日目 フィティアンガ

関西国際空港を2100に飛び立ったNZ航空の98便は、ほぼ定刻の1135に、良く晴れたオークランド空港に到着。飛行機もオールブラックスです。

170306_1030

Y田くんが空港まで迎えに来てくれていました。元気そうです。

早速、車でY田くんのヨットを係留してある、フィティアンガに直行します。約200Kmの距離。NZは、一般道でも住宅地でなければ、制限速度100Km/時、バンバン飛ばします!

1400にはフィティアンガ着。早速宿「Peninsulaモーテル」にチェックイン。スーパーで食料品を仕入れて、ヨットハーバーへ。

170306

フィティアンガ・マリーナの風景。

170306_2

Y田くんはこの32ftのヨット「Galant」に住んでます。いわば、『ヨット乞食』

170306_galant_2

早速出港です。

170306_3

順風満帆で、夜すっかり遅くなるまでマーキュリーベイをセーリング。残念ながら、期待していた南十字星は確認できませんでした。簡単に探せると思ったのに、意外と分かりませんでした。

170306_5

天気予報では、ここ コロマンデル半島は明日から下り坂。雨風強くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »