2018年6月21日 (木)

2018年6月20日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第37日

ラヴァコーリャ → サンティアゴ デ コンポステーラ
本日の歩行距離 10.2Km 総走行距離 794.4Km ☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

サン ジャンを出て34日目、カミーノ上がりの日!

巡礼の皆さん今日で歩き納め、というからでしょうか、目的地は10Kmちょっとと少ないのに、早起きして出発準備してます。私もこれじゃ寝てられない、と5:40には起きだし荷造り始めます。
なんと6:35にはアルベルゲを出ました。特段気負ってはいません。
5、6Km歩いた所にゴゾの丘という所があって、ここからカミーノの目的地サンティアゴが望めます。これはローマ法王が来た記念のモニュメントです。
Fb7ab2fbe0ad48f79da69340b7a1edad

これがカミーノの目的地サンティアゴのカテドラルです。さすがに大きく貫禄あります。なんと言っても、キリスト教3大巡礼地の一つですから。キンタナ広場から。
Fd54ccf296d84fb7b6c94381cb53d421

オブラドイロ広場からみたカテドラルです。
06dfeda4d49f43069d953036bae5b5a7

10:00過ぎに巡礼証明書の交付を受けて、12:00から巡礼者への祝福のミサに参列しました。なに言ってるか分かりませんでしたが。
7cddaa62af6c4b6db337b263d440d7e9_2

運の良いことに、ポタフメイロという香を焚いた大香炉を振る儀式に立合うことができました。これだけは写真OKです。
4bf2888d2b5849fe8d518431c6e7ff32

ミサが終わってゆっくり中を見ることができました。なかなかの造作で、その権威の高さを感じさせます。
530c18b826d5434980a6694964051115

サンティアゴは面白い町で、路上のダンスや音楽が始まると、皆さんノリまくります。

これで巡礼フランス人の道は終わりましたが、明日休養のあと、「地の果て」フィステーラ(Finisterreとも書きます)へ、歩く旅を始めます。
Bd0667d1881942729f3a62ca1112f63f

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

2018年6月19日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第36日

アルスーア → ラヴァコーリャ
本日の歩行距離 28.5Km 総走行距離 784.2Km ☁️のち☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

暑い😵スペインの夏だ!

ワールドカップ、日本勝ちましたね。戦前の予想からいくと、奇跡的勝利ですが、勝ちは勝ちです。良かった! 見たかったなぁ・・・

今日も朝のうち曇り、10:00ころから晴れて☀️暑くなってきます。ちょうど梅雨明け10日間に似た陽気です。夕立ちは今のところ経験してませんが。
7:15にアルベルゲを出て、いつものように歩きます。これが完全な巡礼の日課です。
今日巡礼道は割と森の中だったので、その分日陰を選んで歩けました。
914c7af8c4544654a19827360f723486

道中にビール瓶ではでに?デコレーションしたバールがありましたが、入りませんでした。
先日カミーノ6回目だという日本人の方に会って話聞いたんですが、8、9年前に比べ、カミーノにかなりアルベルゲやバールが増えたし、廃村がよみがえったっていってましたね。事実、今日泊まっているラバコーリャの村も数年前はアルベルゲ無かったみたいですから。
C89e41bb98044aaca2d1a329f316420c

スペインの昔ながらのお百姓さんです。くわみたいので耕していました。こういうの、初めて見ました。
84516ef66af94268b685eec1bec184eb_2

とにかく日の下は暑いです。歩くスピードかなり落ちてます。
792cf204c3c94281b88004942a34ab8e

15:00の気温です。33.7℃と出ています。
C18c81e01fef40b3a812d7d3b9b983c7_2

こんな道標やキリスト磔刑の道標が道ばたにちょくちょくあります。
86ea3fee422c459790c26ee010a08e48

明日午前中には巡礼の上がり、サンティアゴ デ コンポステーラに入ります。サン ジャンを出発して34日かかりましたでしょうか。
224b04303ab44414824b3a492049431e

サンティアゴで小休止のあと、「地の果て」フィニステッレに禊ぎの歩行を行います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

2018年6月18日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第35日

パラス デ レイ → アルスーア
本日の歩行距離 28.7Km 総走行距離 755.7Km ☁️のち☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

山の地にタコ🐙が名物!

このところ朝のうち曇って、10:00ころから晴れ、気温も上がる。
準備にもたもたして、7:32にアルベルゲを出る。
このところあまり驚くような景色に出会わないですが、パラス デレイをから5Kmほど先にこんな田舎特有の建築、これはこれで味がありますね。
4394e88743e34e878e08af5adfcfc105

ガリシア地方特有の高床式の穀物倉庫です。オレオと言うようです。
2e5f419d2864401ca2d1a0494d322206

こんな林のなかの道を、皆さんゴールのサンティアゴ デ コンポステーラ目指して黙々と(もちろんおしゃべりしながらの人もいます)歩きます。何故か皆、足取りが早くなってきた気がします。ゴール近くで元気出てきたか?
4f37a79052aa4488bb7120102fc98b68

フレロス川にかかる橋、ここを渡るとフレロスの集落です。こんな集落にもアルベルゲやバールがあって休憩しています。
3d72c94df0cb4d819cc5635bf4b903fb

途中のメリデという町は、海からかなり離れているのに、タコ料理が名物です。と言っても、日本と違いいろいろなメニューがあるわけでなく、このぶつ切りみたいなのがその料理です。
美味しいことはおいしいでずが、ちょっと量が多すぎました。
B0b77f712f884458b2bd726057d76051

今日の宿泊地アルスーアの中心街です。目的のアルベルゲが見つからなくて、心配になりました。
1e3bcde0ee1342e3ae36a68e169a13d1

天気が良くなったのは幸いですが、炎天下歩いているとかなり暑いです。

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

2018年6月17日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第34日

ポルトマリン → パラス デ レイ
本日の歩行距離 24.1Km 総走行距離 727.0Km ☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

ようやくスペインらしい天気に🥘・・・‼️

天気が安定してきました。朝方は曇って涼しいですが、9:00ころから晴れ始め、暑くなってきます。ビールがうまい!
ガリシア州に入ってからずっと公営のアルベルゲに泊まってます。これまではMunicipal 言っていたのがXunta〜になりました。泊費はどこも6ユーロ。設備も似てます。WiFi は無いか、あってもインターネットに繋がりません。

7:10アルベルゲを出ました。しばらくこんな森の中の道を歩きます。
850867aad6174baab7671d72ff69acf9

装飾過剰の十字架。
6730f0b87d35455d8c45f7ca408ada6d

今日の行程にはあまり特筆するような景色や構造物はありません。
狭い巡礼路を大型のトラクターや牧草を運ぶトラックが通るくらいです。
C69a7bd8a76c4dc781a4379f21c94b70_2

これは墓標かと思いますが、Ligonde手前の森の中で撮ったものです。何かいわくありそうな物で、スペイン人が数人、細かく見ながら口角泡飛ばして議論していました。
444a49354ee349c688d553de52a5b879

この辺りから馬で巡礼する姿が見受けられます。馬はレンタルかと思いますがね。
D82060cf999b4b83a1ee30d6e52d4918

残り100Kmを切ると、1日2個以上のスタンプを押さないと巡礼証明書を授与されないとの事なので、2冊目のクレデンシャルにせっせとスタンプを押してもらってます。
今日の泊地パラス デ レイではアルベルゲやバールはもちろん、ここサン ティルソ教会で押してもらえます。(少し有難味が増します)
小さな教会ですが、由緒はあるようです。
4de77e85ebf24f2baf266d49db28a8cd

これまでふらふらして、今にもギブアップしそうだった人も、残りあと数十Kmということで元気が出てきたようです。
今のところサンティアゴ デ コンポステラ入りは6月20日を予定しています。
夜10:00過ぎても十分明るいスペインでは、夕食はまだまだです。このあたりはタコ🐙のタパスがうまいとの事、試してみます。

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

2018年6月16日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第33日

サリア → ポルトマリン
本日の歩行距離 21.6Km 総走行距離 702.9Km ☁️のち☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

メガネ壊した😂、100Km切った!

7:08 アルベルゲ デ サリアを出て、直ぐ近くのバールで軽い朝食。気になっていた昨日のスペイン対ポルトガルの結果を聞いたら、ガッカリした顔で同点だと・・・
そりゃそうでしょう、3ー2で勝ってましたからね・・・ロナルドにやられたんじゃ、文句いえない?

そんな中、いつもの調子で歩きます。左足裏、親指付け根辺りにできたシコリ(多分)が、昨夜寝ていて痛みました。救い難くなる前に足への負担を少し減らそう、と床の中で決めました。

サリアの旧市街を抜けると森の道が始まり巡礼者はサンティアゴ目指して歩きます。
A4f3e701513e436a947b7cae8e9118e4

サリアを出てしばらく行ったバクサンという村のバールでコーヒー飲んで、さあと出かけたところ、メガネが無いのに気づきました。回りに聞いても分かりません。弱ったなぁと思っていると、若い女性がこれでは?とメガネの片ツル壊れたのを持ってきてくれました。接着剤でつけようとしても当然NG。仕方ないからこんな格好で使うことに。まあ見えないことも無いし・・・
A2e5533c599a42bc93f65e0124a6a332

そしてフェレイロスを過ぎると、巡礼の目的地サンティアゴのカテドラルまであと100Kmの道標があります。皆さんここで希望を託した記念撮影、、、私も。^_^
276dc260503d49109a8d5c0d4c93b932

今日の目的地ポルトマリンに入るに最後の関所、この階段上り門をくぐらねばなりません。
46511fa086a741b1b5f1e0b138e4a421

町にきました。
Cf1c22a2505c49a697fcf8c1f034183e

アルベルゲの寝室、公営のものは大体こんな風です。早く行けば下のベッド、遅いと上の段でも文句言えません。ここに世界中の人々がイビキかきつつ明日のウォーキングに備え寝ます。
89396a4041eb452db8b82188386c1053

毎日何かあるものです。気候が回復してきましたので気分は良いです。

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

2018年6月15日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第32日

アルトド ポイオ → サリア
本日の歩行距離 30.5Km 総走行距離 681.3Km ☁️のち ☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

下り坂も長いと疲れる・・・

[先ほどワールドカップ スペイン対ポルトガルの試合が始まりました。ここでは意外なほど静かです]

いつも通り6:00起床、準備のあと朝食(デサイユーノ)もとって、7:15のアルベルゲ出発。
しばらく行くと牛牧場。ガリシア州は小麦やブドウではなくて、牧畜業が盛んなようです。
D39435a572c44baabd52fd3064ac8d8b

黒い大きなナメクジ、時おりこの辺りで道路を横切って?いるのを見ます。
422c13fdaa824d2589d416c13a4b7c7b

フォンテアルクーダという小さな村のこの写真の場所にかかった時、若い女性巡礼者が、「こことてもステキな家ですよ。」と声かけてきたので、行ってみることに。350m上りの寄り道ですが・・・
81c57f1a6bb14a8aaa851cc5812991e5

そこは、アーティストのアトリエでした。アーティストはアントニオ、フランス人のフーリアはそのお手伝い、と言ってました。
C26790dbb9454c82843be0b2adc44e72

中を見せてもらうことに。こんな作品を作っています。全てきれいな色のついた石を、細かく砕いて粉にしてキャンバスに塗りつけていくようです。かなり根気のいる仕事みたい。
A5570c80b5ee4ca3962a0e18acf7086e

サリアは人口13000人ほどらしいが、アルベルゲやバールなど巡礼者ご用達の店がたくさん並んでいます。特にこの写真のマヨール通りは多いです。
右手前の教会はエル サルバドール教会で、クレデンシャルを発行しています。それは、ここから出発すれば巡礼証明書を貰えるから、ここから始める人が多いことによると思います。
10e87ca37ac04160b10d56f2f30b68bc

ということでワールドカップ スペイン対ポルトガルが気になるので、今日のところはこのくらいに。

851205ce254b4de28e43198497e203e3

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

2018年6月14日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第31日

トラバデロ → アルトド ポイオ
本日の歩行距離 27.0Km 総走行距離 650.8Km ☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

雲一つ無い空、オ・セブレイロの峠から絶景!

朝からよく晴れていましたが、1300mを越す峠を目指すのでジーンズで行くことに。
今日はカミーノの第2のハイライト、オ・セブレイロ峠越えです。
朝食をしっかりとって、7:08にはアルベルゲを出ました。
6Kmほど行くと、ヴェガ村からサラシン城(サラセン人の城跡)がはるかに見えました。
A8c52ed7ecd0406abf55babfdd5efdd5

オ・セブレイロ目指して、ラグナ デ カスティーリャの手前の急な坂を登ります。ぬかるんでなくて良かった。(これも神の思し召しか?)
43bd146747a54d0e94979400c2795c50

自転車も足場の悪い道を登ります。かなり丈夫なマウンテンバイクじゃないともたないでしょう。
Af290c23c0e04544bc727424bd4272a2

巡礼道にはあちこちに牛の糞が落ちてます。その割には牛が会わないな、と思ってました。が、ラグナ村でついに出会いました。直ぐ横を10数頭のウシくん🐂が通って行きます。闘牛の牛みたいな感じで・・・
9f36964c8f54473c8696beb4eb8e5212
近くに来ると結構迫力ありますね。
3826a7b010e04b108a4ba589e0497468

雲ひとつない空に、オ・セブレイロの雄大な景色。多分カミーノで初めての経験です。神さまのお陰です。
D69f0c40a6d24619b0a766e817f56cda

オ・セブレイロのサンタ マリア教会、巡礼道で最も古い教会らしい。。700年ほど前の話ですが、この教会で奇跡が起きたということです。(詳細は略)
2a9d6f7213c94296aa6a3733cf605868

オ・セブレイロを出て1Kmほど歩いたところにある銅像。風に飛ばされないよう帽子を抑えているところを見ると、この辺りそうとう強い風が吹くようです。
8567321421e64d90a6500fc96d10c158

オ・セブレイロの先8Kmあまりにあるアルト デ ポイオ村のアルベルゲに宿をとりました。(8ユーロ/泊)

そろそろワールドカップ サッカー⚽️始まりますね。TVでは見れないと思いますが、気にしています。

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

2018年6月1 3日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第30日

ポンフェラーダ → トラバデロ
本日の歩行距離 34.7Km 総走行距離 623.8Km ☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

寒さ和らぎ、天気最高!

朝からよく晴れ、暖かくなりそうなので、短パンでスタート。
間もなくポンフェラーダ城の横を通って、町を出て行きます。なかなか雄大な城です。
5c3e966fd50d42dbb624b399f2ec2681

シル川に橋が映って、きれいな円ができました。
8d58f0d7a9be4a578278ac79cccd8304

この辺りはさくらんぼの産地でしょうか、巡礼道の脇にたわわに実った赤い実が・・・道から手がとどけば自由に取って食べても良いという話です😍?。テスト食したところ、既に十分に甘いものや、まだちょっと渋さを残したものなどいろいろです。
Cd59de0ebdf94d309c232fe57d3203ce

電柱の上に作られたコウノトリの巣。スペインの電柱は、四角い断面のものが多いですね。
7096c0f3989f4da9aa61d865e54a8e56

今日の泊地があるトラバデオド村入り口。ひなびた村が巡礼ブームで少し盛り返してきました。
960f8b7af19e40479ba7063bbf329a56

今日泊まるアルベルゲ「Munincipal」。
0014f7e58e4b4390b531e0d1c569ee94

WiFi は入っているけど、弱いのでネット接続ができません。

昨夜寝ていてあちこち“蚊”又は”虫”に刺され、かゆくて何時間も目が覚めてしまいました。そのため今頃になって眠いと感じています。

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

2018年6月12日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第29日

フォンセバドン → ポンフェラーダ
本日の歩行距離 27.4Km 総走行距離 589.1Km 🌫霧/☀️
月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり (奥の細道)

霧の中鉄の十字架に祈る

7:20 霧深く、小雨降る中アルベルゲを出発。巡礼者は皆イラゴ峠に立つ「鉄の十字架」(標高1505m)を目指して霧の中を歩きます。
「鉄の十字架」は深い霧の中静かに立っていました。これまで何人の巡礼者が故郷や家庭から持ってきた石に願いを託してここに積み上げていったことでしょうか?今日も既に多くの人がここに願いを捧げたことでしょう。
C2a29f0b1c754608800f339f91e724f8

私も孫娘が拾ってきて家に置いてあった小石2個に願いを書いて、積み上げ願いを捧げました。
55f6f37549214c669cc5dbaed519798e

ここに置きました。そして新たに小石を拾い、持ち帰ります。
A6025f57703b40fa9e29f4be18d17b3d

キツい下り坂を延々と時に転がるように下りて来ると、突然今日の目的地ポンフェラーダが遠くに見えてきました。
C8b45d9f4e8c4e559a7de4faca554fa2

ポンフェラーダ南の入口、ボエサ川にかかるマスカロン橋。これを渡れば今日お世話になるアルベルゲは間もなくです。
90ea71082d1e4f089541e6e85fe3166e

15:45 アルベルゲ 「サン ニコラス デ フリューエ」に着きました。そして少し手洗い洗濯をして、買い物ついでに中心地を歩いてみました。
写真はこの町のバシリカです。
1245d4fa4443463691b1ae62f2ee2268

今日は大きな石がガラガラそしてぬかるんだ道に水たまり、さらにキリの中をよろけるようにして下ってきたので、少々疲れました。
明日も朝から歩きます・・・疲れたなんて言ってられません。

ブエン カミーノ❗️( ◠‿◠ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

6月11日 フォンセバドン追記

先ほど冬に逆戻りしたように寒い中、フォンセバドン村を散歩してみました。と言っても、10分ちょっとですが・・・
この村、最高の景色と雰囲気を持ってます。廃村になっていた、という歴史を感じさせます。
泊まって良かったです。おすすめの村です。

3bc059ffa325495d8762aa3939805c00

Bd77bcefc0914d8fb8531176f30fc055

A05d5f215a25404eabecfe45d7f25586

B768141ba5b94c118e30f20edf80b3fd

23879430640149dcb1fe52fe62317b39


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年6月11日「Camino de Santiago+α徒歩の旅」第28日